よんなー通信

~お役立ち情報いろいろ~

*

花祭りに甘茶をお釈迦様にかけるのはなぜ!?甘茶を飲むと!?

      2016/06/24

4月になると日本の行事の中に「花祭り」があります(^^)。

4月8日は、花祭り。その日はお釈迦様の誕生日ですね。

管理人の友人の誕生日も4月8日で、よく「お釈迦様と同じ誕生日の日!」と言っていました。

この日は、寺院などで法会が行われるんですが、一般的に「花祭り」って言われてますね~。

しかし、この花祭りで、甘茶をお釈迦様にかけるんですが、なぜなんだろうと思っていました(^^)。

この際だから、調べてみようと思います!

SPONSORED LINK

甘茶をお釈迦様にかけるのはなぜ?

花祭りお釈迦様

お釈迦様の誕生に伝説があるのですが、お釈迦様が、産まれたときすぐ四方(東西南北)に7歩づつ歩いたそうです。ビックリですね(;゚Д゚)!

そして、、右手で天を左手で地を指して、

「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と、唱えたそうです!

そして、お釈迦様の誕生によって、九匹の龍が甘露の雨を降らせて産湯としたそうです。

その伝説にちなんで、甘茶をお釈迦様にかけるようになったようです。

花祭りでは、たくさんの花を飾った「花御堂(はなみどう)」という小さなお堂に、お釈迦様の像(生まれたときの姿をした誕生仏)を安置して、甘茶を柄杓(ひしゃく)でかけて祝います。

ちなみに花御堂は、釈迦の母であるマーヤ夫人が、ルンビニという花園で花を摘もうとした時に、釈迦が生まれたそうで、その花園をなぞらえているようです。

また、この行事は「灌仏会(かんぶつえ)」とも言われているんですが、明治以降にこの時期に花がたくさん咲くシーズンなので「花祭り」とも呼ばれるようになったようです。

花祭りのほうが、親しみやすい感じもしますね。

SPONSORED LINK

さて、甘茶について

お釈迦様にかけた甘茶は持ち帰る事ができて、甘茶を飲むと無病息災とも言われています。

甘茶は、アマチャヅルを使った甘いお茶です。

実は、管理人はその甘茶を飲んだことがないのですが、それを聞いたら飲みたくなりました!

また、甘茶で墨をすり書道をすると字が上手になるようです(^^)。ぜひ、書道で字が上手になりたかったら試してみてもよいですね!

その他、甘茶ですった墨で、虫除けの言葉などを書いて戸口などに貼っておく習慣も地方によってはあるようです。

甘茶もいろんな事に使えるんですね!

花祭り蓮

最後に

花祭りの行事は、仏教とともに伝わったようで、庶民も参加し一般的な行事になったのは、江戸時代からのようです(^^)。そして、明治以降は花祭りと呼ばれているんですね。

花祭りは、どちらかというとクリスマスよりは目立たない行事ですが、日本の伝統行事なんですね。

甘露の雨をなぞらえての甘茶。管理人は飲んだことはないのですが、機会があれば飲んでみたいなぁ~と思います(^^)。

沖縄関連の他の記事はこちらです(^^)
他の記事も楽しんで下さい!

SPONSORED LINK

 - 行事、イベント , ,

  関連記事

2015年の春分の日はいつ?その日はどんな日?

最近、カレンダー上の祝日の日がとても気になっています。 祝日の日には意味があった …

世界のウチナーンチュ大会2016はいつ?

最近、今年は世界のウチナーンチュ大会が開催されると知りました。世界のウチナーンチ …

端午の節句の由来と意味は?意外にも女性の行事だった?

5月5日は、端午の節句(こどもの日)。 我が家でも、小さいな鯉のぼりを祖母が買っ …

沖縄のムーチー2017年!どんな行事?いつするのか決まっているの?

沖縄には、昔からの行事がたくさんありますが、寒くなった頃にするムーチー(鬼餅)と …

平敷屋青年エイサーの 夕べ2016!の日程や場所は?

沖縄のエイサーは、お盆の時に先祖供養のために行われます。 最近は、お盆以外でも、 …

正月の準備はいつから始めていつまでなの?どんな事をするの?

今年、結婚した会社の後輩から、正月の準備をいつから始めたらよいのか?と聞かれまし …

クリスマスツリーの飾りの意味!子供の質問に答えよう

ハロウィーンが終わると、次はクリスマスっていう感じがあります。クリスマスと言うと …

那覇大綱挽きまつり!2016の日程は?歴史ある伝統行事!

那覇市の大きなイベントに那覇大綱挽きまつりがあります。 今年2016年で第46回 …

クリスマスツリーはいつから飾るの?片付けはいつするの?

あと数ヶ月でクリスマス。子供たちは今から、クリスマスが来るのを待っています。なん …

八十八夜の意味は?2015年はいつ?茶摘みの時期?

5月になると、カレンダーに八十八夜と書かれています。 小学校の頃に、「夏も近づく …