よんなー通信

~お役立ち情報いろいろ~

*

2016年の台湾の旧正月はいつから?旅行はOK?

      2016/06/24

2月になってから、台湾へ旅行したいと言う会社の同僚が、どこからか、旧正月があるんで、お店など閉まっているかもしれないよと聞いたそう。

「えっ!、台湾の正月は、新暦の正月ではなかったけ?? わからない~」との事。

せっかく旅行に行ったのに、観光地中のお店がお休みだったらガッカリしちゃいますよね。

そこで、今回は2016年の旧正月がいつからなのかをお伝えしていきたいと思います。

一緒に見ていきましょう♪

SPONSORED LINK

2016年の旧正月はいつ?

2016年の旧正月はいつからかというと、2月8日(旧暦1月1日)からです。

台湾や中国などでは日本で言う「正月」になります。日本では、新暦で正月をするので、あまりなじみがないと思いますが、日本にある中華街や沖縄などの一部の地域では、旧正月を祝います。

明治時代から現在まで、日本では、太陽暦(グレゴリオ暦)を使っています。その太陽暦は「新暦」と呼び、以前使っていた暦を「旧暦」と呼んでいます。

旧正月は、旧暦のお正月の事です。毎年、そのお正月の日は違ってきます。なんだか面白いですね!

また、中国などは、春節とよばれ、新暦の正月より、旧正月が重要な行事とされています(^^)。盛大に祝うようです。

ちなみに、2016年から5年間の旧正月(1月1日)はいつからかというと、

2016年2月8日、2017年1月28日、2018年2月16日、2019年2月5日、2020年1月25日

となっています。毎年違っていて、1月か2月を行ったりきたりしてるような感じですね。なんで、この差があるのでしょうか?

実は、この差は、旧暦(354日)と新暦(365日)のズレからきます。365日ひく354日で11日ですね。そして数年に1回の割合で閏月(1年が13ヶ月になります)を入れて、そのズレを調整しています。そのため、毎年、旧正月が違ってくるのです。

春節

SPONSORED LINK

旧正月期間の台湾旅行は?

さて、台湾でも旧暦が正月となっており中華圏では、春節は新暦の正月より大きく祝ことと書きましたが、2016年は2月8日が初一の日(元日)にあたっています。

その春節は大晦日にあたる日から、海外などに在住してる台湾の人達が里帰りしてきて、道路も混んでいたり、商店やお店など休みも多く閉まっていたり、開いているお店でも予約がいっぱいだったりします。

コンビニは営業してるんですが、年中無休となっているお店でも旧正月は、お休みになる事もあるようです。また、タクシーなどが正月料金で割高になっています(ちょっとこりゃ痛い(T▽T))。

また、今回は2月6日(土)から9連休なども始まり、ごく普通に観光やショッピングを楽しみたいのなら、この期間は避けることをおすすめします(^^)

2月8日(月)から旧正月ですが、2月6日(土)~2月14日(日)は9連休になっています。

もし、たまたまチケットを旧正月の期間にとってしまったら、現地の旧正月を楽しむってのはいかがでしょうか?

ちょうど年末市をしていたり、台湾のお寺などに参拝したりする事ができます。また、元旦になるとデパートの前などで爆竹を鳴らしていたり、獅子舞などを見ることができますよ。

別の方の撮った春節の獅子舞の動画です。よければ見てみてください(^^)

最後に

旧正月ではないのですが、知人がクリスマスにイギリスへ旅行に行った時、クリスマスの雰囲気はよかったけど、お店が閉まっていたりして残念だったと話をしていました。

営業してたお店はインドや、中華圏の方の経営するお店だったとか。その国の最大の行事の場合は、目的によっては検討したほうがよいかもしれません。

さて、2016年の旧正月は2月8日で台湾では9連休があるんで、その時期を避けて台湾旅行に行くようです。

やはりおすすめは、旧正月を避けたほうがよいと思います。日本でのお正月もイメージをしたらよいかもしれませんね。

SPONSORED LINK

 - 正月 , ,

  関連記事

正月の元旦と元日!違いは意外と簡単!

今年もあと数ヶ月で終わりで、2015年もあっという間にやてきそうですね。 年末に …