よんなー通信

~お役立ち情報いろいろ~

*

沖縄のさんぴん茶とジャスミン茶の違いは?

      2016/06/24

沖縄では、よく飲まれているさんぴん茶。

私の家でも、よく飲んでいます。

祖母が元気だった頃、祖母宅に行くと
縁側のほうに、

さんぴん茶の入った急須と、黒砂糖を
置いていて、

祖母が不在でもの友人が祖母宅に来て、

その縁側で、さんぴん茶を飲んで、
黒砂糖を食べて帰って行きました^^。

しかし、当たり前のように飲んでた
さんぴん茶なんですが、

アロマテラピーを学んで、
ジャスミンのハーブティーを

飲んだとき、味が似ているんで
びっくりしました。

SPONSORED LINK

★沖縄のさんぴん茶とジャスミン茶の
違いは?

・・というか、中国のジャスミン茶が、
沖縄に来て、さんぴん茶となったようです。

中国では、香方茶(シャンペェンツァー)
と言い、それがなまって沖縄ではさんぴん茶と
なったとの事・・。

中国の発音が、伝わったとき、さんぴん茶と
聞こえたのかもしれませんね。

沖縄では日常的に飲まれているんですが、
以前は、今のようにペットボトルや、
缶に入って、売られていなかったように
思います。

今では、本土へのお土産にもさんぴん茶を
持ってい行きますが、友人に喜ばれて
います。

私は、さんぴん茶の味はジャスミン茶
より濃いように感じますが、

飲む方によって味覚はちがうかも
しれません。

SPONSORED LINK

 - 日常

  関連記事

no image
アボガドの入ったお寿司を食べました。アボガドは果実?!

昨日、久々に回転寿司に行きました。 回転寿司に行くと、よく注文するのが、 マグロ …